会社沿革

昭和47年   4月1日

 
名称 東ポリ株式会社 設立。本社を静岡市小黒1-9-34に設置。
工場を焼津市五ヶ堀之内666番地、また、農資材工場を焼津市塩津に仮設。
主として家電用梱包用カバー・鰻用二重袋・パレットカバーなど角底袋の製造。
道原工場にて園芸用ハウスビニール・その他農業用資材の加工を操業開始する。
 

昭和49年     8月

 
焼津市道原に農資材事業部の工場および営業所を新設。
操業開始するとともに県内全域に営業活動をスタートする。
 

昭和51年  10月1日

 
本社事務所および向上を焼津市五ヶ堀之内666へ移転、名称を本社工場とする。
 

昭和54年     6月

 
農業用フィルム加工機全自動高周波装置を道原工場に導入。
 

昭和55年     1月

 
大型パレット用包装カバー量産化のため、全自動多目的運転システムによりインパルス製袋機(最大巾:2,000m/m、最大長:3,000m/m)を開発し本社工場に導入。
 

昭和62年     2月

 
鰻用二重袋全自動機を導入、5月より運転を開始。
 

平成2年      2月

 
島田市船木に島田工場開設。藤森工業(株)と技術提携し、ドラム缶用内袋・円形シール機を開発し島田工場に導入後、生産を開始する。
 

   7月

全自動多目的運転システム ヒートシール製袋機を開発し本社工場に導入。
 

   9月

APPLE FILM CO.,LTD.(タイ バンコク市)に技術供与し、提携工場として 主に角底袋、手加工品などの生産を開始する。

 

平成7年      3月

 
全自動大型角底製袋機1号機導入。
 

平成9年      11月

 
焼津市三ヶ名の第二工場稼動開始。
全自動大型角底製袋機2・3号機導入。
 

平成15年      3月

 
全自動特殊大型製袋機の導入。
 

平成18年      3月

 
ホームページ開設。
 

平成19年      3月

 
第二工場を焼津市飯淵に移転。
設備増強し、新たに大井川工場として稼動開始。
 

平成23年      9月

 
焼津市大住にサテライト工場を新設。
クリーンルームでの大型角底製袋を開始。
 

   11月

PT.INABATA CREATION INDONESIA(略称:IKC インドネシア チカラン市)に技術供与をし、第2の海外提携工場として角底袋、特殊袋品などの生産を開始。

 

平成24年      6月

 
焼津市本社工場に新・大型製袋機を導入。
 

平成25年      3月

 
大井川工場に手加工クリーンルームを新設。
本社工場と大井川工場に太陽光パネル設置。

平成26年      5月

サテライト工場を島田市阪本へ移設。
新サテライト工場として稼働開始。
全自動大型角底製袋機8・9号機導入。